顧客価値を創造する!(5)

顧客価値の仮説の続きです。

顧客視点を考察するにあたり、これまでに

  • 18世紀の教育学の古典的名著「エミール」で有名な、ジャン=ジャック·ルソー
  • 19世紀に活躍したオーストリア学派を創始した経済学者のカール·メンガー

を題材にお話をしてきました。

今回は、ご存じアブラハム·ハロルド·マズローです。


出所:wikipedia

アブラハム・ハロルド・マズローAbraham Harold Maslow1908年4月1日 – 1970年6月8日

マズローは、ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区に生まれ、人間性心理学の最も重要な生みの親とされている人物で、特に人間の欲求の階層(マズローの欲求のピラミッド)を主張した事でよく知られています。

このマズローの欲求のピラミッドで人間の持つ欲望を、

 

  •  自己実現の欲求(Self-actualization)
  •  承認(尊重)の欲求(Esteem)
  •  所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)
  •  安全の欲求(Safety needs)
  •  生理的欲求(Physiological needs)

の5つに分類しています。

このうち、「生理的欲求」「安全の欲求」「所属と愛の欲求認」「承認の欲求」をまとめて、「欠乏欲求」、「自己実現の欲求」を「成長欲求」分類しました。

マズローは、人はまず生きる等の生命としての基本的な欲求「生理的欲求」を満たした後に、安全・安心な暮らしがしたいなどの欲求「安全の欲求」、そして、家庭・会社・国家等のへの帰属を求める欲求「所属と愛の欲求認」、さらに、他人からの賞賛を求める欲求「承認の欲求」を求めるようになると考えました。今のSNSに代表される様々なアプリは、マズローの「承認の欲求」を強く反映した結果だと考える事も出来ます。

そして、最後には、あるべき自分になりたいという欲求「自己実現の要求」を求めるようになると言っています。

ここで、考慮しなければならないのが、「欠乏要求」は要求のベクトルが他人から自分への向き、「成長要求」は要求のベクトルが自身から外へ向かうと言う事だという事です。

当初マズローは「欠乏要求」が全て満たされると人は、「成長要求」が強くなると考えましたが、のちに最初から「成長要求」の方が強く「欠乏要求」が二の次の人もいるとも言っています。

そこで、三つ目の顧客価値の仮説として、

顧客価値=成長欲求」「欠乏欲求」を満たす事。

と仮説を立てる事が出来ます。

次回は、ちょっと変わったところで、アンソニー· “トニー” ·ロビンス を例に顧客価値を考えていきます。

お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください